鮫島弓起雄 アート 印刷 ドローイング sameshima yumikio art print drawing

鮫島弓起雄 アート 印刷 ドローイング sameshima yumikio art print drawing

鮫島弓起雄 アート 印刷 ドローイング sameshima yumikio art print drawing

鮫島弓起雄 アート 印刷 ドローイング sameshima yumikio art print drawing

 

鮫島弓起雄 アート 印刷 ドローイング sameshima yumikio art print drawing 鮫島弓起雄 アート 印刷 ドローイング sameshima yumikio art print drawing 鮫島弓起雄 アート 印刷 ドローイング sameshima yumikio art print drawing
鮫島弓起雄 アート 印刷 ドローイング sameshima yumikio art print drawing 鮫島弓起雄 アート 印刷 ドローイング sameshima yumikio art print drawing 鮫島弓起雄 アート 印刷 ドローイング sameshima yumikio art print drawing

Shuttle drawing
シャトル・デ・ドローイング

I participated in an artist residency program in Kosudo town, Niigata prefecture, central region of Japan. Kosudo used to be famous for it’s textile industry, especially some original weaving patterns called “Kosudo stripes” were popular all over the country.
I made a big device out of shuttles and variously colored thread that were used in the textile factories in Kosudo. It represents the behavior and the sound of looms. I made this device as a drawing machine and it provides some painting works that does not depend on human.

 新潟県小須戸町で滞在制作をした際の作品。小須戸では、江戸時代から織物の生産が盛んとなり、1846年に「小須戸縞」の生産が始まり「小須戸縞」を使った夜具縞・納戸無地・縞木綿などは、とても丈夫で評判を呼んだ。
 実際に小須戸縞の織機で使われていたシャトルという道具と、当時使用されていたさまざまな色の糸を使い、織機の動きとその音を再現した大きな装置を作り上げた。この装置から作り出された一瞬一瞬の画像を何枚も重ね合わせることにより、人の手によらない絵画作品が生まれる。

Shuttle, Motor, Weaving yarn, Wood
Canvas print
2016