CV

Curriculum Vitae

 

鮫島 弓起雄 / SAMESHIMA Yumikio

1985 東京に生まれる
2010 東京造形大学の彫刻科を卒業
 主に彫刻作品とインスタレーション作品を制作、発表を続けている。地震波形をモチーフとした作品や、「八百万の神」という考え方を基にした作品、かつて大和絵でよく使われたすやり霞という手法を参考にした作品など、日本の文化や地域性に関連したものを制作する一方、空間の特性やその現場の要素を利用して、物理的にもコンセプトの面でもその場と深く関わり切り離すことのできないような空間演出も展開している。
 また、東京都内のアートギャラリー「SYP GALLERY」でアート系国際交流会「Artist Meetup!」を毎月開催、日本とメキシコのアート交流プロジェクト「JaM -Artist in Homestay-」の立ち上げと運営に携わるなど、アーティスト同士の国際的で個人的な繋がりを探る活動も積極的に行っている。

活動歴
2020
―「アートフルな暮らし」/伊勢丹浦和店(埼玉)
― Brillia Culture Spice/上野の森美術館(東京)
2019
―「茶室と現代美術 -和美・西美-」/遊美工房(岡山)
―「LENGUAJES ALTERNOS」JaM -Artist in Homestay-/Rüido Proyectos Galería(メキシコ)
― Artisti “Q” Museum by C-DEPOT/東京芸術劇場(東京)
― Brillia ART AWARD 2019/東京建物八重洲ビル(東京)
― J-POPアート展/高松三越 新館5F 催事場(香川)
2018
―「MONOCHROME」/ギャラリーアートコンポジション(東京)
― 水と土の芸術祭 小須戸ARTプロジェクト2018(新潟)
― 池袋回遊派美術展 IAG ARTISTS SELECTION/東京芸術劇場(東京)
2017
― 亀山トリエンナーレ/三重県亀山市(三重)
―「時」を感じるアート展/伊勢丹新宿店アートギャラリー(東京)
― ホテルアートフェス/パークホテル東京(東京)
― IAG AWARDS 2017/東京芸術劇場(東京)
― TAIWA Project 2017/Gallery Conceal Shibuya(東京)
2016
―「東京で小須戸」展/S.Y.P Art Space(東京)
― ゲンビどこでも企画公募2016展/広島市現代美術館(広島)
― アーティストインレジデンス 小須戸ARTプロジェクト2016(新潟)
― Emerging Artist Review 「山と人と道」岡崎 詩をり・鮫島 弓起雄/S.Y.P Art Space(東京)
2015
― 野外アート展示「トロールの森2015」/都立善福寺公園(東京)
―「アートスクランブル」展/GALLERY494(東京)

受賞歴
2019 Brillia ART AWARD 2019 入選
2017 IAG AWARDS 2017、C-DEPOT賞 受賞
2016 ゲンビどこでも企画公募2016、飯田志保子賞 受賞