鮫島弓起雄 アート 公園 インスタレーション sameshima yumikio art park public installation

鮫島弓起雄 アート 公園 インスタレーション sameshima yumikio art park public installation

鮫島弓起雄 アート 公園 インスタレーション sameshima yumikio art park public installation

鮫島弓起雄 アート 公園 インスタレーション sameshima yumikio art park public installation

鮫島弓起雄 アート 公園 インスタレーション sameshima yumikio art park public installation

鮫島弓起雄 アート 公園 インスタレーション sameshima yumikio art park public installation

A scene at Zenpukuji Park
善福寺公園一角之図

From the end of 10th century until the 16th century, “Yamato-e” a classical style of Japanese painting was widespread across the country. They often drew some floating golden cloud in the paintings to avoid being complicated and express several scenes in the same plane. I incorporate the floating golden cloud in the real world.

 かつて平安時代から安土桃山時代にかけて、大和絵といわれる様式の日本絵画が多く描かれた。その大和絵特有の表現手法のひとつに、「すやり霞」というものがある。画面全体が煩雑にならないようにするための余白的効果のため、あるいは、同一画面上で複数の場面や時間を表現するときの区切りのために、金色の雲を描きこむというものである。この「すやり霞」を公園の中に出現させた。

Polystyrene foam, Wallpaper
2015